りさいずの家は
建て主さんの想いをたくさん詰め込んで
一緒に造り上げていく家です。

あまり機械に頼った家にはしたくない

  1. HOME >

あまり機械に頼った家にはしたくない

 

 

パッシブデザインとは

太陽の熱、光、風、水などの自然エネルギーを最大限に活用できるよう
建物の構造や性能を工夫することで、ここちよい室内環境を実現する設計手法です。
健康・快適・省エネルギーを、機械にたよりすぎず、
自然の力でうまくコントロールすることによって実現します。
四季と一緒に“ここちよさ”を感じる。光熱費を抑えながら、健康・快適な住まい
それが、パッシブデザインの目指す家づくりです。

 

5つの基本要素

01断熱

①断熱

02日射遮蔽

②日射遮蔽

03日射熱利用暖房

③日射熱利用暖房

04通風

④通風

05採光

⑤採光


① 断 熱

イメージ断熱

足元までぽかぽかのお部屋

足断熱性能の高い住宅は、天井から床までほぼ均一な温度を保つことができるため、足元までポカポカと快適です。家から逃げる熱を抑えることは、少ないエネルギーで効率よく部屋全体を温めることができ、光熱費削減にもつながります。また、浴室やトイレでのヒートショックのリスク軽減にもなります。


② 日射遮蔽

イメージ日射遮蔽

冷房をかけ過ぎなくても過ごしやすい

夏はお日さまの光が窓から入ってくることにより、室温はどんどん上昇していきます。そして暖まった空気は上層部にこもってしまいます。そうなると室内で熱中症になるリスクがとても高くなるので、お日さまの熱を室内に入れないことが重要になります。軒や庇は真上から差す夏の日差しをカットします。また、シェードは横からの日差しもしっかり防ぐことができます。


③ 日射熱利用暖房

イメージ日射熱利用暖房

お日さまがいっぱい入った部屋はほんわかと暖かい

冬のお日さまは、室内のたくさん入れることで、暖房器具の代わりになるほどのパワーがあります。窓辺のぽかぽかした暖かさを思い出してください。南側の窓は大きくすることによって、お日さまのパワーを室内に取り込み、自然の力で光熱費も削減できます。断熱性能の高い窓なら、取り込んだ熱も逃がしにくいので、夜まで暖かさを保つことが可能です。


④ 通 風

イメージ通風

すがすがしい風を感じてリラックス

窓の大きさや配置を工夫することで、換気の量は変わってきます。帰宅後に一度窓を開けると、こもった熱をしっかり外に逃がすことができ冷房の効き方にも違いがでます。風が抜けるのを妨げている部分には、ルーバードアやランマで通り道を作ることも効果的です。空気の流れを作り快適な室内空間を作ります。


⑤ 採 光

イメージ採光

自然の光を取り入れてどの部屋も明るく

廊下や北側の部屋など、暗い部分ができてしまうと、昼間でも照明が必要になることがあります。吹き抜けやランマ、ガラスタイプのドアなどで直射日光だけでなく、反射光も利用すれば、どの部屋も明るくなるよう光を導くことができます。断熱性能の高い家では吹き抜けも寒さを感じることなく、家中どこでもやわらかい光を感じることができます。

 


家づくりの第一歩 

どんな家に住みたい?

© 2021 株式会社Re-size./新潟市の住宅建築会社