お知らせ

(終了しました)2019年9月20日(金)~10月6日(金)開催 モデルハウス見学会・構造見学会

更新日:


太陽光発電と電気自動車で暮らす家
モデルハウス見学会
and
ゼロエネルギー住宅
構造見学会
光熱費が下がる家の仕組みがわかります。

««« 開催日時 »»»

2019年
9月20日(金)~10月6日(日)
 予約制 

下記の予約フォームより見学予約できます。

««« 場 所 »»»

新発田市大栄町3丁目(モデルハウス)
新発田市松岡(構造見学会会場)

モデルハウス見学後、お時間のある方は構造見学会会場に移動して、見学する事が出来ます。

 来場者にもれなく
インテリア雑貨をプレゼント 

««« 地 図 »»»

下記の予約フォームより見学予約できます。


◆ Re-size.の家づくり

「家族思いの家」
当社が大切にしていることは家族を思った家づくりをする事です。家族への思いはそれぞれの家族がそれぞれある中で「家族に健康でいてほしい」「笑顔溢れる家族」「いつまでも安心して暮らしたい」という思いは多くの家族に共通しているのではないかと思います。

◆ 家族に健康でいてほしい

「家と健康」
家と健康というアプローチはいくつかあります。わかりやすいところではシックハウスと言われる「化学物質」に関する事とヒートショックと言われる「温熱環境」に関する事です。当社のシックハウスへの考えは木の家を基本とし、できる限り自然素材を使う家づくりとしています。そして特に力を入れているのはもう一つのヒートショックの「温熱環境」に関する事です。

「温熱環境」
家で過ごしている時、暑くも寒くもない状態は「快適」と言えます。家の温熱環境をしっかり考え整えると夏でも冬でも家の中全体の温度差を少なくする事ができます。それはヒートショックが起き難い環境といえ家族の健康に直結します。ちなみに交通事故で亡くなる方は年間約5,000人、一方家の中の事故で亡くなる方は約17,000人です。

「温熱環境を考えた家づくりとは?」
温熱環境を考えた家づくりの要素は「断熱」「気密」「パッシブ」です。この3つの要素それぞれが大切であり、どれかひとつだけ飛び抜けて良くてもあとが悪くてはいけません。それぞれを高めることによって良い温熱環境となります。これらの要素は数値、地域の気候など科学的根拠を基にしているので「なんとなく」や「イメージ」で良い温熱環境は達成できないのです。

◆ 笑顔溢れる家族

「家族でDIY」
当社では工事を進める過程で少しだけでもご家族にDIYを行なって頂く事をおススメしています。作業は短時間で簡単な事で結構です。ご家族が一緒に作業する事で絆が深まったり、新しい発見があるかも知れません。家づくりの時間を家族の大切な時間として使ってみてください。

「オープンな暮らしでコミュニケーションが高まる」
快適な住まいは家の中を細かく仕切らずオープンなプランが作りやすいので、家族同士自然とコミュニケーション

◆ いつまでも安心して暮らしたい

「温熱環境を考えた家づくりはお財布に優しい」
「温熱環境を考えた家」=「健康的」=「快適」=「省エネ」=「エネルギーコストが少ない」=「お財布にやさしい」これが当社の温熱環境を考えた家づくりです。2017年新潟市の家計調査によると2人以上世帯の水道光熱費月額は約25,000円です。これは前年より4%ほど上がっています。今後益々上昇すると思われるエネルギーコストに対応できる家は温熱環境を考えた家でなくてはいけません。

見学希望日時 (必須)

-お知らせ
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 株式会社Re-size./新潟市の住宅建築会社 , 2019 All Rights Reserved.