ガソリン車は燃費、電気自動車は電費

電気自動車に乗っています。

この車の位置付けは「動く蓄電池」です。

新潟と電気自動車の相性はこちらのYouTubeで話してるので良かった観て下さい。

https://youtu.be/xwNMvcGFohk

そしてこの電気自動車、走行距離が7万キロに達しました。

パッテリーの12あるセグメントが1つ欠けて11になった事ぐらいで故障も無く快調です。

7万キロ走ってみて、コレがガソリン車だったら燃料費はどの位になるのか計算してみました。

ガソリン車としての条件は

  • 燃費15キロメートル/リットル
  • ガソリン140円/リットル

とします。

そーすると、70000÷15×140=653333となります。ガソリン代約65万円です。

今度は電気自動車の計算をしてみます。

ちなみに電気自動車の場合は燃費ではなく電費と言います。

実際の電費8.4キロメートル/キロワットです。自宅にて深夜電力メインの充電として15円/キロワット(実際は約11円/キロワットですが多少昼間も充電するとして)とすると

70000÷8.4×15=125000となります。燃料費としての電気代は12.5万円です。

ガソリン代だと65万円、電気代だと12.5万円。差額は52.5万円。

7万キロ走行した燃料費だけで見ると大きな差になります。ちなみに10万キロ走行すると燃料費の差額は約75万円となります。

一家に車が2台必要な場合、1台は電気自動車を考えてみても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です