夏は睡眠前半に快適な室温にする事がカギ

夏のカーテン

睡眠の質を低下させない為に「夏は二十九度を上回らない事」が重要。
夏の睡眠に悩む人は、まず睡眠の前半に最低3時間以上、快適と感じる室温に設定することが大切です。
また、一晩中冷房を入れる場合は、涼し過ぎない室温がポイントとなります。 さらには、しっかり光りを遮る一級遮光でかつ厚手生地の遮光カーテンを選べば、「断熱」と「遮光」の両方を兼ね備えるため睡眠にも健康にも良いです。

年々、年をとるほど睡眠環境への気配りが重要です。 加齢とともに睡眠が乱れやすくなる事が最近の研究でわかっています。 具体的には深い睡眠の時間が短くなり、浅い睡眠の時間が規則的でなくなるのです。

年齢による睡眠の低下は仕方がない面もあるので、適切な室温、光の遮断等を重視しましょう。


新発田モデルハウス「太陽光発電と電気自動車で暮らす家」

株式会社Re-size.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です