太陽光発電と電気自動車で暮らす家11月の光熱費

太陽光発電と電気自動車で暮らす家の生活で殆どのエネルギーを占める11月電気料金の収支。

使用量238kwhで買った電気料金は6,143円。


太陽光発電量110kwhで売った電気料金は3,080円。

11月は3,063円マイナスになりました。

ついに電気料金の収支が逆転しました。新潟の冬が来たなって思います。

この時期は日照時間が少ないので太陽光発電はあまり期待できないです。あと寒いので給湯に掛かるエネルギーが多くなるのと洗濯乾燥機の出番によってエネルギーコストは上がりました。

エアコン暖房は20℃設定で室温22℃から23℃。毎日夕方4時にスイッチが入り朝8時半にスイッチが切れます。昼間は無暖房状態です。

新発田モデルハウス「太陽光発電と電気自動車で暮らす家」

株式会社Re-size.

LIXILメンバーズコンテスト2019

当社モデルハウス「エネルギー自給自足の家」(現在は太陽光発電と電気自動車で暮らす家)をLIXILメンバーズコンテスト2019という住宅コンテストに応募したところ、何と入賞致しました!

受賞名は敢闘賞。

こちらを励みにより一層お客様に喜ばれる家づくりを目指して参ります!

LIXILメンバーズコンテストとは

LIXILメンバーズコンテストは、「Good Living友の会」の会員様が、お客様にとっての”いい住まい、いい暮らし”をいかに実現したかを競う、業界最大級の住宅施工例コンテストです。「Good Living友の会」には、全国で14,000社以上(2019年7月時点)の工務店様、リフォーム店様にご加盟いただいています。

新発田モデルハウス「太陽光発電と電気自動車で暮らす家」

株式会社Re-size.

太陽光発電と電気自動車で暮らす家10月の光熱費

エネルギー自給自給の家改め、太陽光発電と電気自動車で暮らす家の生活で殆どのエネルギーを占める10月電気料金の収支。

使用量127kwhで買った電気料金は3,875円。

太陽光発電量205kwhで売った電気料金は5,740円。

10月は1,865円プラスになりました。

日照時間も少なく寒い季節のエネルギーは暖房と給湯が多くなるので来月から来年の3月までは電気料金の収支はプラスからマイナスへと変わりそうです。快適な環境を整えながらエアコンや給湯の使い方を工夫してみようと思います。

新発田モデルハウス「太陽光発電と電気自動車で暮らす家」

株式会社Re-size.

ついに暖房を入れました

太陽光発電と電気自動車で暮らす家はいつまで無暖房で行けるか!と無謀な挑戦をしていましたが、ついにエアコンのスイッチを入れました。

室温的には20℃以下にならなかったのでまだいけそうだったのですが、熱源がないとオークの床が冷たく感じて不快なのでエアコンを付けました。

やはり暖房があると床も温かくなり快適です。

そして気づいた事があります。

エアコンの温度設定を22℃で運転した時の電力消費はだいたい300ワットから500ワット位です。22℃運転だと床下にあるエアコンは床を充分温めるので床暖房みたいになります。

もう少し設定温度を下げても良いかと思い、20℃運転にしたら電力消費は100ワットから200ワットになりました。

画像は20℃運転時の電力モニターです。消費はエアコン含めて家全体の消費を表しています。0.3kwなので300ワットです。このうちエアコンの消費が半分くらいだと思われます。

設定温度を2℃下げるとエアコンの電力消費が200ワット違うので長時間使う事を考えると電気代にも違いが出ます。ザッと計算すると1ヶ月1,800円位差が出ます。

20℃運転でも室温が22℃から23℃になるので寒くありません。エアコンの温度設定は小まめにチェックしてみようと思います。

新発田モデルハウス「太陽光発電と電気自動車で暮らす家」

株式会社Re-size.

夏は睡眠前半に快適な室温にする事がカギ

夏のカーテン

睡眠の質を低下させない為に「夏は二十九度を上回らない事」が重要。
夏の睡眠に悩む人は、まず睡眠の前半に最低3時間以上、快適と感じる室温に設定することが大切です。
また、一晩中冷房を入れる場合は、涼し過ぎない室温がポイントとなります。 さらには、しっかり光りを遮る一級遮光でかつ厚手生地の遮光カーテンを選べば、「断熱」と「遮光」の両方を兼ね備えるため睡眠にも健康にも良いです。

年々、年をとるほど睡眠環境への気配りが重要です。 加齢とともに睡眠が乱れやすくなる事が最近の研究でわかっています。 具体的には深い睡眠の時間が短くなり、浅い睡眠の時間が規則的でなくなるのです。

年齢による睡眠の低下は仕方がない面もあるので、適切な室温、光の遮断等を重視しましょう。


新発田モデルハウス「太陽光発電と電気自動車で暮らす家」

株式会社Re-size.