ローンの返済総額が同じなのに家の価格が変わる

こんにちは。

住宅ローンの金利が返済総額に大きく影響していることを前回お話しました。

そこでローン金利を返済総額の比較と違った形で比較してみます。

  • 借入期間:35年
  • 毎月返済額:66,252円
  • 総返済額:27,825,840円

この条件は同じで金利が2%の場合は元金(家の価格)が2000万円で

1%の場合は元金(家の価格)が2347万円となります。

金利1%の差が家の価格差で347万円にもなります。

347万円あれば家の性能や品質を高めることが十分できます。

家の計画を考え始めると「家の価格」に注目してしまいますが、

実際には住宅ローンを使って支払うのでローン総返済額で考えた方が良さそうです。

次回は借りたお金を返済する「賢い返済方法」について考えてみたいと思います。

野口

 

ローンの金利

こんにちは。

ゼロ金利政策により現在の住宅ローン金利は低い状態にあり

住宅ローンを利用される方にとって好機と言えます。

変動金利で0.5%、フラット35のような全期間固定金利でも1%を割っています。

金利が低いのはありがたい事です。

住宅ローンのように長期のローンは金利が家計に及ぼす

影響が大きいのは想像できますが、

具体的にどうなのかを比較してみたいと思います。

(例1)

・借入金額:2000万円

・借入期間:30年

・金利:1%

(例1)

金利1%のとき毎月の支払い額は64328円、利息分が314万円で総支払額で2314万円程になります。

(例2)

・借入金額:2000万円

・借入期間:30

・金利:2

(例2)

金利2%のとき毎月の支払い額は73924円、利息分が658万円で総支払額で2658万円程になります。

(例3)

・借入金額:2000万円

・借入期間:30年

・金利:3%

(例3)

金利3%のとき毎月の支払い額は84321円、利息分が1030万円で総支払額で3030万円程になります。

 

まとめると

毎月の支払い額は金利1%が2%になると9596円アップし、3%になると19993円アップします。

総支払額では1%が2%になると344万円アップし、3%になるとなんと716万円もアップします。

家の購入価格は変わらなくても支払う金額は大きく変わる住宅ローン。

金利の違いで支払う額大きく違うことがわかりました。

次回は「ローンの返済総額が同じなのに家の価格が変わる」です。

野口

家を建てるタイミング

こんにちは。

家を建てるタイミングは人それぞれあるかと思います。

今回は一般的にこのタイミングがベスト!

って話ではなく、今と5年後に家を建てた違いを見て行きたいと思います。

設定としては

・30歳会社員(H29時点)年収400万円

・妻(28歳:専業主婦だが来年仕事復帰)長女(2歳)長男(0歳)

・住宅建築費:2000万円

・現在の貯蓄300万円

5年後に建てる場合のメリットは頭金が多くなるので借入金額が少なく利息負担も軽くなります。

但し、65歳で定年した場合は70歳までの5年間住宅ローンが残り老後の資金に不安が残ります。

家賃は5年分がそのまま負担となります。

消費税はH31年10月に8%から10%にアップするので2%分が負担増となります。

住宅ローン減税とすまい給付金はH33年末で終了の予定なので

制度が廃止となっていることも考えられます。

今と5年後の比較をすると金額の差で540万円近くなってしまいます。

更にゼロエネルギー住宅などの高性能住宅とアパート住まいでは

光熱費の差が驚くほど違うはずです。

そして何よりも健康的で快適な住環境はお金には代えられない所では無いでしょうか。

今現在住宅ローン金利はとても安く「家を建てるなら今!」と言えます。

このローン金利、5年後にはもしかしたら上がっているかも知れませんがわかりません。

次回は「ローンの金利」を考えてみたいと思います。

野口

老後の資金

こんにちは。

老後の資金について考えてみました。

家を取得する際、住宅ローンを利用する方はとても多いです。

住宅ローンは長期の返済となるので

定年となり給与所得が無くなってもローンは続く

というケースも多いと思います。

60歳で定年の場合、現役で35年の住宅ローンを払い終るためには25歳で

住宅ローンを組まなくてはいけません。

家を取得する年代として30代の世代が最も多く次いで40代となってます。

実態は定年後も住宅ローンが続く。

となります。

総務省のデータですが、

28年度の「夫65歳、妻60歳以上で無職夫婦世帯の老後の生活費」を見てみると

標準生活費で毎月267,546円となっています。

そのうち住居費は14,700円ですが、これは住宅ローンがない場合ということです。

老後の生活費267,546円は共働きだった夫婦なら年金で間に合いそうですが、

そうでない場合は貯蓄を切り崩して生活していく事になります。

そこに住宅ローンが加わると・・・・・

全く他人事でない現実なので

家を建てるタイミング」を考えてみたいと思います。

野口

 

 

完成見学会ご来場ありがとうございました。

こんにちは。

3/25,26開催のゼロエネルギー住宅完成見学会には多数のご来場を頂きました。誠にありがとうございました。

こちらのお宅の見どころはゼロエネルギー住宅な事もあるのですが、何と言っても建主様によるセルフビルド塗装と漆喰塗りが来場された方を驚かせていました。



今回は来場された方に木の鉛筆をプレゼントしました。その場でレーザー加工機でお名前を掘って差し上げたのでチョットしたサプライズで良かったです。

野口